読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

meta-something

論文とか研究とか趣味のネタとか

ゆるふわなDockerの使い方(Docker布教)

Speaker Deck speakerdeck.com なにこれ 研究室でDockerの使い方を布教したときのスライドです。 ゆるふわに「とりあえずどんな感じで使えるのかわかればいいや」という感じの内容です。 なんでそんなことを 個人が使う場合でも便利なツールだから 研究領域…

論文紹介『An Updated Performance Comparison of Virtual Machines and Linux Containers』

タイトル An Updated Performance Comparison of Virtual Machines and Linux Containers 著者 Wes Felter ♰ , Alexandre Ferreira ♰ , Ram Rajamony ♰ and Juan Rubio ♰ ♰ IBM Research Division, Austin Research Laboratory 発表媒体 IBM Research Report…

『プログラマのためのDocker教科書』感想

数か月前からちまちまDockerを調べては触ってきたのだけれど、そろそろ情報がまとまった書籍を元に知識を整理したくなったので読んでみた。 プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化作者: 阿佐志保,山田祥寛出版社/…

Docker-Sharif-Judge

DockerでSherif-Judgeを構築する記事をQiitaに書いて、あとGitHubで公開しておきました。 github.com qiita.com

SC16 メモ

ソルトレイクシティで開催されたSC16に参加してきました。めっちゃ楽しかったです。 ただ、初SCで事前知識がなく、現地についてからも混乱していたため、備忘録的にメモを残しておく。(セッション内容はまた別に) SC16の概要 期間:2016年11月12日(土)~…

備忘録「Googleが数千台もある10年前のLinuxディストリをライブアップグレードした話」

ラボの計算機がちょろっと古いLinuxOSで「dockerを入れようにもまずカーネルアップグレードの必要があって、そもそもOSのアップグレードは何処で断ち切れていて、じゃあ何処のノードなら依存関係なくて安全で…」という問題の根本原因を調査していたとき、以…

Docker + MPIとかHPCとか

調べてたら2012年頃からIBM内部の公開議論板?みたいなのが引っかかったりしてた。 Using Docker in High PerformanceComputing in OpenPOWER Environmenthttps://t.co/Ms5sKh8vDq— メタ (@Meta1127) 2016年10月19日 docker.openmpi : A scalable OpenMPI ru…

脳の中の幽霊

人間というハードウェアと、意識というソフトウェアについて考える時に、いつもこの本を引用したくなる。 脳のなかの幽霊 (角川文庫)作者: V・S・ラマチャンドラン,サンドラ・ブレイクスリー,山下 篤子出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシン…

並列分散処理・プログラミングモデルのあれこれ

以下のURLを読んでいて気になった論文をピックアップ techblog.yahoo.co.jp MapReduce: Simplified Data Processing on Large Clusters http://research.google.com/archive/mapreduce.html PDF Google Hive - A Warehousing Solution Over a Map-Reduce Fra…

テンプレート参考元

論文のまとめテンプレート(http://metavariable.hatenablog.com/entry/2016/09/26/113737)は以下の記事を参考にしています。 lafrenze.hatenablog.com このまとめ方の元ネタは筑波大学の落合先生 先端技術とメディア表現1 #FTMA15 from Yoichi Ochiai ww…

テンプレート

掲載情報 hoge, "hogehoge", Vol.x, No.x p.x, xxxx. PDF原稿など、原文リンク http://hogehoge どんなもの? 先行研究と比べてどこがすごい? 技術や手法のキモはどこ? どうやって有効だと検証した? 議論はある? 次に読むべき論文は? 補足情報、参考文…